【ナルト考察】息子の名前をボルトにするためにネジを殺した説

今回はナルトの主人公であるナルトの息子の名前をボルトにするためにネジを殺したのではないかという説について見ていきたいと思います。

ナルトとネジの関係

ネジは木の葉の里の第三班のメンバーです。ネジは名門、日向一族の分家の生まれであり、宗家の生まれであるヒナタが誘拐されかけた際、日向一族の当主であるヒアシの代わりにネジの父であるヒザシが人質として殺されたことがきっかけで、落ちこぼれを馬鹿にするようなうざいやつに成長してしまいます。

なので中忍試験時には当初落ちこぼれと言われていたナルトの事を執拗に馬鹿にしていたため、ナルトもネジのことが嫌いで、最初はあまり仲が良くなかったのですが、ナルトとの戦闘後からナルトのことを認めるようになり、仲良しになります。

そしてこの戦いの後ヒアシから、父親が死んだ本当の理由を聞かされ人を馬鹿にするうざいやつからナルトの友達屈指の良いやつへと変わっていくのです。
そして、サスケ奪還編でも共に戦ったことで二人はかなり仲が良くなりました。

ネジは作中でもマジモンの天才

ネジは初登場の頃から、名門である日向一族の中でも日向一族が始まって以来の天才忍者と言われるくらいの天才でした。

その才能はかなりのもので、日向一族の血継限界である白眼を使いこなしたり、日向宗家に伝わる奥義を独学で会得するほどでした。独自で奥義を創り上げてしまうネジには当初ヒアシとヒナタもドン引きしています。

戦闘においても、中忍試験では同じ白眼を使うヒナタをボコったり、サスケ奪還編では大蛇丸の手下である音忍のスパイダーマンに重傷を負いながらも勝利するほどの実力の持ち主でした。

ネジが死んだ理由

ネジが死んだのは、第四次忍界大戦の最中です。対戦中ネジはヒナタの属する第八班と、十万体の白ゼツを協力して倒す役割を果たしています。

しばしの休息後、ナルトやヒナタたちが十尾と交戦しているところに駆けつけ2人を助けまようとしますが、十尾の木の枝をがむしゃらにブン投げまくる攻撃で忍達は一気に劣勢になってしまいます。

疲弊しきっているナルトのところにも攻撃が飛んできたためヒナタがナルトの壁になろうとしますが、それをネジが庇い死んでしまいます。

このシーン、ナルトの中でも指折りの名シーンと言われています。
一見、ただネジがナルトとヒナタを庇っただけだと思われがちですが、

  • 宗家を守る分家の呪印とも言える運命ではなく、ネジ自らの意思で2人を助けたこと
  • ナルトへのヒナタの想いを知っていたからこそ2人にこれからも生きて欲しいというネジの願いが汲み取れること

さらに最期にナルトに放つセリフ「お前に天才と言われたからだ」は、中忍試験の戦闘時のナルトの「落ちこぼれだと言われたからだ」というセリフにかかっています。

当初全ては運命によって決められていると悲観していたネジが、落ちこぼれであろうと天才であろうと運命には抗えると証明した最高のシーンです。

ナルトの息子の名前をボルトにする為にネジを殺した説

ネジの死に方があまりに突然すぎたので、ネジとボルトは同じ部品のような名前だと思ったファンの方の中に、ナルトの息子の名前をボルトにする為にわざと殺したのではないかという声が上がっています。

そこで気になった方が、映画「THE LAST」の公開初日舞台挨拶に作者である岸本先生が登場した際、ボルトの名前について質問されたらしいですが確かにボルトの名前の由来はネジからきているとおっしゃていたそうです。

ですが、岸本先生は連載しながら話を付け足していくようなスタイルだったらしいのでわざとネジを殺したとは考えにくそうです。死んでしまったネジという男が生きていたという証や、その意志をこれからも次世代に伝えてほしいという意味でナルトの息子の名前をネジにもナルトにも似ているボルトという名前にしたのではないでしょうか。

息子の名前はボルト以外ないんじゃないかというくらいにぴったりの名前だと思います。

運命に抗う天才日向ネジの生き様を皆さんはどう思われましたか?コメントお待ちしております!