ナルトとヒナタの結婚した?理由は?いつから好きだったの?

ヒナタと言えば子供の頃からナルトガチ勢を貫き、本編完結後には妻のポジションをゲットした勝ち組ヒロインです。同じくナルトガチ勢、サスケとの正妻争いは熾烈を極めたに違いありません。

ヒナタがナルトを好きなのは明らかでしたが、ナルトがヒナタを特別に思っている描写は本編にはあまりありませんでした。ナルトはいつヒナタを好きになり、結婚を決めたのでしょう。

今回はうずまき夫妻のなれそめを振り返っていきたいと思います。

ヒナタはいつからナルトを好きだったのか

幼少期のナルトはイタズラを繰り返して大人から叱られ、友達もいない孤独な子供でした。ヒナタもナルトのことを一方的に知っていましたが、大人からは近づかないよう言われており、交流はありません。

ある日、ヒナタが白眼キモいといじめられている時、ナルトが殴りかかっていじめっこを撃退します。その時から、ヒナタにとってナルトは特別な存在になりました。

第一部のナルトとヒナタ

忍者アカデミーの同級生として、別々の班ながら同じタイミングで下忍になります。ヒナタはナルトのことが気になりつつも、引っ込み思案なためいつももじもじしてうまく話せずにいました。そのためナルトのヒナタに対する印象は、「暗くて地味でウジウジしてる変な奴」。

しかし、中忍試験ではヒナタが勇気を出して、怪我を負ったナルトに傷薬を差し出します。受け取ったナルトも「良く効く」と満足げでした。

その直後、ヒナタVSネジという対戦カードが発表され試合が始まります。開始早々、ヒナタはネジから心の弱さを指摘され、棄権するよう促されますが、ヒナタの心が折れかけた時、大きな声で励ましたのがナルトでした。それを見たヒナタは、ネジと戦う覚悟を決めます。

ネジとヒナタの間には埋まらない力の差がありましたが、それでもヒナタは「まっすぐ自分の言葉は曲げない、私もそれが忍道だから」と、ナルトと同じ言葉で自分を奮い立たせます。ネジに心臓を突かれ、勝負あったか、と思われた時も、「憧れの人の前でかっこ悪いところ見せられないもの」と、ボロボロの体で立ち上がりました。

最終的にヒナタは試合に負けてしまいますが、これをきっかけにナルトはヒナタのことを「すげぇ奴」と認識し始めます。

第二部のナルトとヒナタ

中忍に昇格して髪が伸び、さらに巨乳属性まで獲得したヒナタ。相変わらずナルトに一途で、急速にヒロイン力を上げていきます。

ペイン編では付き人の静止を振り切って、ピンチのナルトを助けるためペインの前に立ちはだかりました。仙人モードを身につけたナルトを圧倒する相手に、ヒナタが敵うわけもありません。

ヒナタは自分が勝てると思ったから前に出たのではなく、自分が死んでもナルトを守る、という覚悟で駆け付けたのです。この時ヒナタの口から出たのが、「ナルト君を守るためなら死ぬことなんて怖くない。私はナルト君が大好きだから」という大胆な告白でした。

「うじうじして影からナルトを見ていたヒナタが、こんなに堂々と胸を張ってナルトに好きだと伝えられるなんて」と感極まった読者も多かったのではないでしょうか。

第4次忍界大戦の時には、ネジが死亡し心が折れかけたナルトの頬を叩き立ち直らせます。この時ヒナタは、「ナルト君の横にいてしっかり手を握ったまま、同じ歩幅で歩きたい」と決意します。後ろから見ているだけだったヒナタが、初めてナルトと同じところに立って支えたいと思えるようになったのです。ナルトも、「お前がオレの横にいてくれたお陰だ」と、ナルトを励ましてくれたヒナタに感謝します。

ヒナタにはサスケやサクラのように最前線で戦う力はありませんでしたが、ナルトの心を支えるという重要な役割を果たしました。

ナルトはいつヒナタを好きになったの?

ナルトがヒナタに対する気持ちを自覚したシーンは、劇場版THE LASTで描かれています。この作品自体、ナルトとヒナタの恋愛模様を軸に描かれており、ほぼ結婚式で流れるプロフィールムービーみたいなもんです。

THE LASTでは、隕石を落として地上の人類を絶滅させようとする、大筒木一族のトネリによってヒナタと妹のハナビが月に連れていかれてしまいます。トネリはハナビの白眼を奪い、チャクラを争いの道具にする地上の人類を一掃した後、ヒナタを妻に迎えて新しい人類の歴史を築こうとしていました。完全に当て馬なのに夢は壮大です。

物語の冒頭でヒナタはナルトへ告白しようと、手編みのマフラーを用意していました。ですが、結局渡せないまま敵が現れ、その最中にマフラーはビリビリに破かれてしまいます。その後トネリにさらわれたハナビを助けるため、ナルトとヒナタ、シカマル、サクラ、サイが任務に就きますが、途中でヒナタもさらわれてしまいます。

ヒナタは任務に就いた時も、さらわれた後もナルトを思って破られたマフラーを繕っていました。ヒナタが自分のために一生懸命マフラーを編む様子を見て、改めてナルトはヒナタから向けられている愛情と、自分の気持ちを自覚します。失いそうになって初めて大切さに気付く、という王道パターンです。

この後ナルトが無事にヒナタを救い出し、2人で力を合わせてトネリの計画を阻止することに成功しました。地球に戻ったナルトとヒナタが、星空をバックに幸せなキスをして物語が終わります。

ナルトとヒナタの結婚式ってどんなの?

ナルトとヒナタの結婚式は、アニメNARUTO疾風伝と劇場版THE LASTで描かれています。どちらも二人の友人や恩師を大勢招いての盛大な式が執り行われました。

劇場版では、ハナビが忍界大戦で命を落としたネジの写真を抱いて出席しています。もしネジが生きてここにいたら、ヒナタにどんな言葉をかけるだろうと想像すると涙が止まらないです。また、式が始まる前に身支度を整えるシーンでは、イルカ先生がナルトの胸に花を飾ります。恐らく家族が担うポジションですから、ナルトとイルカ先生の絆の深さを感じてやっぱり涙が止まらないですね。

結婚式はナルトとヒナタが大勢の人に祝福されて、桜をバックにキスをするシーンで終わります。式中、シカマルとテマリ、サイとイノが親密そうにしているシーンも描かれており、この後誕生する夫婦のこともほのめかされていました。

余談ですが、この時一人だけめちゃくちゃナルトと親しいのに出席しなかったやつがいます。そう、サスケです。この時まだ旅を続けていたことと、祝いの席ということで、色々後ろ暗いところもあるサスケはあえて辞退したのかもしれませんね。

ナルトの結婚相手はヒナタしかいない!サクラじゃない!

改めてナルトとヒナタのなれそめを振り返ると、やっぱりナルトの結婚相手はヒナタしかいないと思わされます。

ヒナタは子供の頃から一途で、強くて、血筋も良くて、美女で巨乳ですからもう非の打ちどころがありません。ヒナタしか勝たん。

一時はサクラとくっつくんじゃ?という考察もありましたが、ヒナタとナルトのカップル、改めてみなさんはどう思いますか?コメント欄に感想お待ちしてます。