【ナルト】干柿鬼鮫はろくでもない人間でもなかった

今回は暁でイタチのパートナーを務める程の実力者でありながら、死ぬまでガイに名前を覚えてもらえなかった鬼鮫の経歴について解説していきたいと思います。

鬼鮫は霧隠れの忍刀七人集の1人で「鮫肌」を扱う暁のメンバーです。見た目はそれこそ鮫のような見た目をしており、初登場時にはルックス・実力共に見事にイタチの引き立て役をまっとうしました。

ただ顔をカバーするかのように誰に対しても物腰柔らかい敬語を使っており、まさに人間の鑑のようなキャラクターです。実在したら鬼鮫は絶対モテると、人間顔じゃなくて中身だと信じたいです。

鬼鮫の戦い方は愛刀である鮫肌を使って相手のチャクラを食らい尽くしたり、水遁を使って攻撃したりします。また、その一般人ではありえない膨大なチャクラ量から「尾のない尾獣」という異名もありました。

鬼鮫が暁に加入した経緯

鬼鮫は暁に加入する前、他国に情報が漏れるのを防ぐために自分の感情を殺し仲間をひたすら殺す任務をしておりました。作中でも仲間に関わろうとしない鬼鮫。一緒にご飯を食べないかと誘っただけの女性の忍にも容赦無く手にかけていました。

後に他里の内通者だった西瓜山河豚鬼を殺し、鮫肌を奪い自らのものとします。

そしてそこに現れたトビ(オビト)に月の眼計画のことを聞かされ、鬼鮫は抜け忍となり、暁に加入することになりました。また、オビトは加入する前の鬼鮫に月の眼計画の話や素顔を明かしていたので鬼鮫のことを相当信頼していたことが伺えます。

鬼鮫の戦闘

鬼鮫は本来なかなかの強キャラなのですが、戦闘においてあまり良い活躍は見られませんでした。

最期のガイとの戦い以外はどの鬼鮫も偽物ではありましたが、闘う敵が最強の男ガイであることや、鮫肌がなついてしまう程のチャクラ量を持つ八尾の人柱力キラービーなど相性の悪い相手との戦いが多かったため、思うように力を発揮できていません。

ビー戦では鮫肌を奪われながら善戦しつつも絶妙のタイミングでビーの助っ人にきた雷影エーとのコンビネーション技である絶牛雷黎熱刀をくらい惜しくも負けてしまいました。

鮫肌がチャクラを吸い取るだけでなく運気を吸い取ることが出来たらよかったのに。

鬼鮫の死因

ビーと雷影エーのラリアットで首を跳ね飛ばされて死んだかと思われていた鬼鮫ですが、実はあの時やられていたのは鬼鮫の偽物で、やられたのは白ゼツのクローン。

鬼鮫はビーが背負っていた鮫肌に身を潜めることでピンチを回避しました。

その後ナルトとビーによる九尾チャクラのコントロールの修行を鮫肌から慈しむような目で見つめる鬼鮫。何もせず暖かい目で見守っていただけにも関わらず、九尾チャクラをコントロールしたナルトに悪意を感じ取られ、隠れていることがバレてしまいます。

鮫なのにムカデみたいな格好で必死に逃げようとする鬼鮫ですが、ナルトに1発、そして修行の地に居合わせたガイにも1発もらいます。

劣勢を強いられた鬼鮫は情報が入った巻物を自身が口寄せした鮫の口に入れて仲間に送ろうとしますが、ガイに追いつかれてしまい因縁の相手との最期の戦闘を繰り広げます。

互いに1歩も譲らない戦いを繰り広げていましたが鬼鮫が一気に決めようと大技である水遁・大鮫弾の術を放ち、それに対抗してガイは昼虎を放ちました。

水遁・大鮫弾の術は相手の術が強ければ強いほどチャクラを吸収して自分の力にできるのですが、ガイの昼虎はチャクラの気弾ではなく体術であったため、押し負けしてしまいました。こればかりは相性が悪かったですね。

その後、鬼鮫は生け捕りにされ脳内から暁に関する情報を抜き取られそうになってしまいます。

仲間殺しの任務、トビとの接触など敵に流してはいけない鬼鮫の赤裸々なエピソードが露になっていく中、トビの正体が明かされるところで鬼鮫は自分の舌を噛み切り情報の抜き取りを阻止します。

最後の力を振り絞り、水牢の術を自身に発動した後イタチと初めて出会ったときの会話を思い出した鬼鮫は「イタチさん。どうやら私はろくでもない人間…でもなかったようですよ」と思い残し、口寄せした鮫に自身を喰わせ自害しました。

死してもなおナルトたちに一矢報い、忍らしい最期を見せた鬼鮫はようやくガイに名前を覚えてもらえたのでした。

立派な死にざまだった干柿鬼鮫

今回は鬼鮫の暁加入から戦闘、死亡までの解説をしていきました。仲間を殺す汚い任務をこなし虚無感を感じていた鬼鮫だからこそ最期くらいは仲間のために尽くそうと思ったのではないでしょうか。

ガイとは相性が悪かったですが、他の忍との戦闘では十分力が発揮できるので暁の中でも確実に上位の実力ですよね。

この解説を見てあなたは鬼鮫の人生についてどう思われましたか?コメントお待ちしております!