【ナルト】最強の忍ランキングを発表だってばよ

数々の強力な忍が登場し、熱いバトルを繰り広げたNARUTO。みなさんは物語を通して一番強かった忍って誰だと思いますか?今回は、NARUTOに登場した強い忍BEST10をまとめてみました。

※大筒木一族など、強いけど忍じゃないキャラクターは除外しています。

最強ランキング10位:はたけカカシ

血筋ゲーのNARUTO世界において、火影の血筋でも血継限界持ちでもなく、純粋な修行と頭脳で強さを見せてくれた数少ないキャラクター、はたけカカシが10位にランクイン。

1,000の術をコピーした「コピー忍者」の異名を持ち、多彩な術とキレる頭脳で物語終盤まで活躍を見せました。第四次忍界大戦ではオビトの胸を千鳥で貫き、普通の忍であれば致命傷になる傷を負わせています。

カグヤ戦ではオビトの助けによって、わずかな間両目の万華鏡写輪眼を開眼。完成体須佐能乎でカグヤを倒すチャンスを作りました。

ただ、うちは一族でないのに無理に写輪眼を使っているため消耗が激しく、写輪眼を多用した後は病院で寝込むまでがセットです。

最強ランキング9位:マイト・ガイ

9位ははたけカカシの(自称)永遠のライバル、木ノ葉隠れの里の上忍マイト・ガイ。太眉おかっぱヘアというまるでネタキャラなビジュアルからは予想できない実力を見せつけました。

ガイは忍術や幻術をあまり使わず、体術のみを極めた作中最強の体術使いです。体のリミッターを外して身体能力を爆発的に向上させる「八門遁甲」の使い手で、リーは6つ目の景門までのところ、ガイは八門全てを開けることができます。ただし、死門を開けると五影をも上回る力を得る代償に、術者は必ず死ぬと言われています。

六道の力を手に入れたうちはマダラに立ち向かった時に、ガイは死を覚悟して死門を開きました。結果としてマダラを倒すには至りませんでしたが、マダラが死にかける程の傷を負わせ、「体術において、お前の右に出る者は一人としておらん!」とまで言わせました。柱間と比較して現代の忍者をディスりまくっていたマダラにこれだけ言わせた忍はガイくらいのものです。

最強ランキング8位:波風ミナト

8位は全忍最速とも言われるスピードから「木ノ葉の黄色い閃光」の異名を持つ、四代目火影波風ミナト。

飛雷神の術をはじめとした時空間忍術を自在に操り、さらに九尾を封じるほどの強力な封印術をマスター、会得難度A級の超高等忍術、螺旋丸まで開発する天才忍者でした。14歳の頃にはすでに、クシナをさらった他里の忍複数人を単独でボコっています。

出会ったら戦わずに即逃げろ、と他里の忍から言われるほど高い実力を持っていましたが、NARUTO本編ではぐるぐるお面になったオビトの策にハマって九尾を解き放ってしまったり、ちょっとしょっぱい役どころに回ることもしばしばでした。

最強ランキング7位:長門

7位はペイン六道を使い、一度は木ノ葉隠れの里を壊滅させた長門です。死体を利用し、それぞれ異なる能力を与えて操ることができます。伝説の三忍と呼ばれた自来也すら苦労なく倒し、木ノ葉隠れの里を襲撃した際はカカシの命をも奪いました。

猛烈な引力で周囲のものを引き寄せてぺしゃんこにしてしまう「地爆転生」、死んだ人間の命を蘇らせる「外道・輪廻転生の術」など術の規模も桁外れ。1チヨバアで我愛羅ひとりがやっと蘇るのに、1長門で直近死んだ忍がみんな生き返るのチートですよね。

最強ランキング6位:うちはイタチ

イタチが3人いたらすべて丸く収まってたんじゃないかと読者に思わせる、強くて頭もキレる人格者、理想の兄うちはイタチが6位にランクイン。

両目とも万華鏡写輪眼を開眼し、消えない炎を放つ天照、瞬時に幻術にかけて精神を破壊する月読、攻防一体の須佐能乎、無限ループにかけるイザナミなど、中二病心を疼かせる強力な術を使います。

さらに自分の死後のことまで見越して、うちはシスイの万華鏡写輪眼を口寄せカラスに移植、それをナルトに仕込み、自分に別天神という幻術をかけさせて穢土転生を上書きするという超高度な離れ業までやってのけます。本来はサスケに術をかけるつもりで仕込んでおり、想定と違う結果ではありましたが、とんでもない頭脳プレイであることに違いはありません。

術の強力さと抜きんでた頭脳は、全キャラの中でも指折りでした。

最強ランキング5位:千手柱間

5位の千手柱間は木ノ葉隠れの里の創始者で初代火影。木遁忍術、単独で九尾を封じる封印術、莫大なチャクラ量、印すら結ばない超回復、さらに仙術とチート級の力を持つ忍です。「忍の神」と呼ばれているのも納得ですよね。

特に柱間の使うオリジナルの木遁は、同じ木遁でもヤマトとは桁違いの破壊力。たった一人で樹海を作りだしてしまうほどです。マダラとの一騎打ちの後は、地図を書き直さなければいけないほど地形が変わっていたと言います。

ちなみに柱間は細胞レベルで普通の人とは違うらしく、色んな人の肉体に移植されて木遁使いにさせたり肉体を強化させたり、ゼツの量産に利用されたりしています。謎の万能強化アイテムと化した柱間細胞ですが、なぜか埋め込まれると稀に体にぼんやり柱間の顔が浮かび上がってくるという重大なデメリットが。細胞レベルで自己主張強すぎます。

最強ランキング4位:うちはオビト

万華鏡写輪眼に加え、最終的には六道の力まで手にしたうちはオビトが4位。神威の能力で物体や術がオビトの体をすり抜けるという、同じ時空間を共有しているカカシがいないと勝負にならないクソゲー能力を持っています。

また、例の柱間細胞を移植されているため生命力が強く、雷切で心臓を貫かれてもピンピンしています。そのうえ長門から奪った輪廻眼も移植してますからキメラみたいなもんですね。

十尾を吸収した後には六道仙人のような姿になり、「忍の神」と呼ばれた千手柱間が「ワシより強い」と認めるほどの力を手に入れました。

忍連合軍相手に無双しますが、最後はナルトの精神攻撃により、火影に憧れていた「うちはオビト」としての自我を取り戻して、吸収していた尾獣を抜かれて戦闘不能の状態になりました。精神的な弱さがなければ、もっとランキング上位に食い込んでいたかもしれません。

最強ランキング3位:うちはサスケ

3位には木ノ葉隠れの里イチの問題児、ナルトを超えるお騒がせ忍者となったうちはサスケがランクイン。

第四次忍界大戦では輪廻眼を開眼し、長門が使用していた地爆転生などの大技まで使えるようになりました。尾獣9体を一気に封じるほどの規模で使用していることから、長門よりもはるかに強力な使い手ということがわかります。

さらに完成体須佐能乎も使いこなし、巨大化するわ空飛ぶわで怪獣大戦争状態です。ナルトとのラストバトルでは、終末の谷のマダラと柱間像をめちゃめちゃにする威力の「インドラの矢」という大技を繰り出しました。

忍術、体術を高いレベルで極め、さらに口寄せや強力な血継限界の力も持つ、まさに隙のない強さを持つ忍です。強いて欠点を上げるなら、コミュ力の低さくらいでしょうか。

最強ランキング2位:うずまきナルト

2位は歴代最強の火影となった主人公、うずまきナルト。

第四次忍界大戦で九尾と完全に和解し、九尾本体のような姿のチャクラを纏う「九喇嘛モード」を会得。尾獣玉を放ったり仲間に九尾のチャクラを渡したりできるようになりました。

さらにその後はすべての尾獣のチャクラを得て、「六道仙人モード」が開花。身体能力や感知能力が大幅に強化され、輪廻眼がなければ感知することができないはずのマダラの「輪墓・辺獄」という術も見抜きます。全ての尾獣のチャクラを得たため、全ての属性の性質変化と、磁遁・熔遁・溶遁・沸遁の4つの血継限界まで使用可能になりました。

このモードになってからのナルトは、死門を開いたことで死の寸前だったガイの命を救ったり、失ったカカシの眼を復活させたり、忍術というだけでは説明できない神のような力を手にしていました。

ただ、元々ナルトは複雑な印を覚えるのが苦手だったので、性質変化を自在に使えるようになったとは言え使いこなせる術の種類はあまり増えてないような気もします。何せ多重影分身と螺旋丸で火影まで上り詰めた男ですからね。

最強ランキング1位:うちはマダラ

柱間と共に木ノ葉を作り上げた伝説の忍、うちはマダラが堂々1位。

元々千手柱間に唯一対抗できる最強クラスの忍だったのが、輪廻眼と柱間の細胞を手に入れさらに狂暴化。得意のバカデカ火遁に加えて木遁まで使いこなし、単独で五影をねじ伏せました。

さらにメテオを降らすなど全く忍べていない大技を次々と繰り出し、忍連合軍を苦しめます。生身の体を手に入れると、「輪墓・辺獄」という感知できない自分の分身のようなものを作りだす術で尾獣を秒で制圧。さらに十尾の人柱力となり六道の力まで開眼。ガイが死門を開き、死を覚悟した奥義を繰り出しても「ははは死ぬところだったぞこやつめ」と笑いながら立ち上がる有様。存分に読者に絶望を味わわせてくれました。

最強の忍マダラですが、細胞取り込むレベルで柱間に強烈な執着を見せており、ファン界隈からはクレイジーサイコ扱いされているという残念な一面も・・・。

以上、忍びの強さランキングBEST10でした。もはや最後は六道仙人の力ありきといった感じでしたね。TOP10のうちほとんどが木ノ葉隠れの里所属の忍と考えると、木ノ葉の軍事力ってめちゃくちゃ脅威的だと思います。

みなさんの好きなキャラはランクインしていたでしょうか?ぜひイチオシキャラの強さについてコメントで教えてください!