【ナルト】美女ランキング!一番かわいいのは誰?サクラじゃないよ

今回はNARUTOに登場するキャラクターの美女たちをランキンング形式で紹介したいと思います。

NARUTOに登場する女性キャラクターは可愛い系からキレイ系の様々な美女が勢揃いしているので「おい!そこ代われ!」と結婚した男性キャラクターに嫉妬した読者も多いことでしょう。

その中でも特に容姿やスタイル、性格がグッとくる美女8人をランキング形式で紹介していきます!

美女ランキング:8位 シズネ

第8位には綱手の一番弟子であるシズネがランクインしました。シズネの魅力はマンガのキャラクターなのに現実にいそうな普通のお姉さんみたいなところです。

見た目はキレイな黒髪ショートヘアの大人の女性で、サクラやいののように髪色もギャルではありません。騒がしくもおとなしくもないちょうどいい性格もGoodです。普通にそこら辺にいる女性とさほど変わりませんがそこが逆に魅力なのです。

飼っているトントンを常に抱っこしている姿や綱手と自分の胸の大きさを比べて気にしているところは可愛らしいですね。

また、医療忍術が得意で献身的に面倒を見てくれそうなところも魅力的です。このことから今回8位にランクインしました。

美女ランキング:7位 山中いの

第7位には髪型が女版デイダラである山中いのがランクインしました。

いのの魅力は色っぽく女性らしさ全開な部分です。幼少期は想いを寄せるサスケに対しキャピキャピしたり、ぶりっ子したりして接していましたが、成長するにつれてどんどん落ち着きのある色っぽい大人な女性になっていきました。

さらにスタイル抜群で中々の巨乳です。サクラとケンカしているときもサクラに「胸」のことでマウントをとっているので相当な胸を持っていることが伺えます。サクラが小さすぎるだけかもしれませんが。

また、実家が花屋なこともあり、花に詳しい点も女性として魅力ですよね。

チョウジ、シカマルの不器用な2人の背中を押したり、幼少期は周りになかなか馴染めずにいたサクラに積極的に話しかけ友達になったりなど面倒見の良さもいのの魅力でしょう。

今では怖い人妻になってしまいましたが、男性なら一回は好きになる女性であることは間違いなしです。

美女ランキング:6位 アジサイ

第6位にはペイン六道の二代目畜生道であるアジサイがランクイン。髪色をはじめとし、生前のアジサイと畜生道で多少の違いがありますが間違いなく美女です。

もともとは中忍試験の参加者であったアジサイは小南の計らいで雨隠れの忍として中忍合格を言い渡されると同時にS級任務を与えられ、その任務で死亡しています。

遺跡に住む巨大アリを自らの口寄せにしようというヤンチャな一面もありますが、一方で星空を眺め喜ぶという可愛らしい一面もあります。

原作では畜生道としてしか登場しませんでしたが、アジサイファンの中には生前のアジサイよりも畜生道アジサイが好きという猛者も存在するようです。

美女ランキング:5位 小南

5位には暁の紅一点である小南がランクインしました。小南は大人な女性といった感じでとても魅力的です。相手のためなら6000億枚の起爆札も用意するので尽くすタイプなのは間違いなし。

それに加えて169.4cmと高身長なのに体重は45.3kgとモデル並にスタイル抜群。しかも作者は相当な巨乳だといっていました。

残念ながら作中ではそのスタイルの良さがあらわになることはありません。この小南のスタイルを知っている読者は全員「暁の服作ったやつ出て来いよ」と思っていたことでしょう。

また、小南は自来也からもかなりの美女と言われています。性格も冷静で優しい大人の余裕が読者に支持されており、今回は5位にランクインしました。

美女ランキング:4位 テマリ

4位には砂隠れのくのいちであるテマリがランクインしました。テマリも小南に引けをとらないくらい大人な女性として魅力があります。

また、シカマルほどではありませんがなかなかの頭脳派です。第四次忍界大戦ではその頭脳を活かして指揮をとるリーダーシップ性もみせつけました。

これらを踏まえてもテマリは美しさの中にカッコよさも兼ね備えているため、男女問わずファンが多いことでしょう。宝塚の劇団員に紛れていても不思議ではありません。

そしてなんといってもテマリの魅力はギャップです。シカマルの前で頬を赤らめていた姿は普段のテマリからは考えられずそのギャップに多くのファンがつきました。

大人で頭脳派でかっこよくて可愛くてギャップがあるテマリですが、機嫌を損なうと飯抜きにされるのでシカマルとシカダイは常にビクビクしています。

他のキャラクターにはないギャップを見せつけテマリは4位にランクインしました。

美女ランキング:3位 多由也

3位には音の四人衆の多由也がランクインしました。多由也は出番こそ少ないですが整った顔立ちと綺麗な赤髪の持ち主で多くの男性読者を虜にしています。

一人称は「ウチ」であり、ちょっと若めの女子っぽい感じがします。それに加えて笛で戦う設定は女性っぽい優雅さがあってとてもグッドでしたね!

そんな多由也の特徴は口がクソ悪いところです。仲間の1人である次郎坊は無限にデブと言われ続けていました。

とにかくいろんな人に悪口を言っていますが、その中には「ゲスチン」、「クソネズミ」など多由也以外使っている人を見たことのない特徴的な悪口もたくさん見られました。しかし多由也のこの口の悪さは結果的に多くのド変態読者の人気を勝ち取る要因になっていると言えるのでキャラ設定としては正解だったのかもしれません。

14歳の思春期真っ最中の多由也なので口が悪いのも仕方ないと思いますが、今回はド変態以外の支持は受けられなかったので残念ながら3位という結果になりました。

美女ランキング:2位 のはらリン

2位にはミナト班でオビト、カカシとスリーマンセルを組んでいたのはらリンがランクインしました。

リンは容姿の良さに加えまじめで優しい性格も人気の秘訣です。このタイプは1人いるだけで和みます。癒されます。世界が救われます。

また、医療忍者としても優秀で13歳にも関わらずオビトの写輪眼をカカシに移植していました。ただの医療忍者ではなくオビトが傷を負ったのを恥ずかしがって隠した際に「強がって傷を隠してもダメ。ちゃんと見てんだから」と叱りながらも聖人のような発言をしており、心の医療忍者も務めています。

リンは自らが恋心を寄せるカカシの雷切に突っ込んで帰らぬ人となりました。当時霧隠れの里の忍の目論見で三尾の人柱力となっていたリンは、木ノ葉に帰郷したタイミングで体内の三尾を暴走させるという霧隠れの木ノ葉襲撃計画のカギとなってしまいます。

そこでリンは里や仲間に迷惑をかけないために恐怖に打ち勝ってカカシの雷切に飛び込んでいったのです。このシーンは彼女の優しさが全面に現れていましたね。

もし生きていればもっと美人なっていた可能性は十分にあり、1位ということもありえましたが今回は惜しくも2位でした。

美女ランキング:1位 日向ヒナタ

ここまでくれば予想できた方もいたのではないでしょうか?1位は日向ヒナタです。ヒナタはまさに「可愛い」が凝縮されたキャラクターで、彼女が道を歩けば「可愛いが歩いてる」といっても過言ではありません。

まずルックスが抜群です。初期の守ってあげたくなるような感じの見た目もさることながら、成長して大人になったヒナタもとにかく守ってあげたくなるような感じで最高に可愛いです。

さらにかなりのスタイルの持ち主です。決して露出しているわけではありませんが、スタイルの良さを隠し切れていません。なのでヒナタに寄り付く害虫からとにかく守ってあげたくなりますね。

ヒナタ推しのファンからはヒナタの声もめっちゃ可愛いと絶賛されています。あの声で朝起こしてもらえたら、とにかく守ってあげたくなりますよね。

ルックス、スタイル、声と既に三拍子そろっているのですが、ヒナタの1番の魅力は一途な性格です。

ペインがナルトを捕らえるために木ノ葉を襲ったときも、ナルトのために勝てるはずのないペインに命をかけて立ち向かっていった姿は全読者がウルっときたこと間違いなし。

また、このとき普段は控えめ性格のヒナタが告白したシーンも痺れましたね。
「私はナルト君が大好きだから・・」NARUTOには多くの美女がいますが、このシーンのヒナタを超える女性は一生現れることはないでしょう。

以上のことから堂々の1位としてランクインしました。みなさん絶対にヒナタを守ってあげてください。

サクラは残念ながらランク外

今回は美女ランキングTop8を紹介しました!皆さんの好きな美女はランクインしていましたでしょうか?

読者それぞれの女性のタイプもありますので皆さんの好きなキャラを理由と一緒にコメントで教えていただければ嬉しいです!