【ナルト】口寄せ強さランキングを発表します

ナルトたちが印を結んで動物たちを口寄せする「口寄せの術」。印を真似してみたりビビりながら親指を甘噛みしてみたりした黒歴史を持つ人は少なくないのではないでしょうか?

口寄せの術とは、血で契約した動物や武器を好きな時に呼び寄せることのできる忍術です。

今回はナルトに登場した口寄せ最強ランキングを発表していきます。

※ペインの口寄せをランキングにINした結果、ペインのペットだらけになってしまったのでペインだけ別格扱いとしランキングからは省いております。

口寄せ強さランキング10位:アオダ

口寄せ最強ランキング10位は、サスケが口寄せする青い大蛇・アオダです。アオダは大蛇丸の口寄せするクソ生意気なマンダとは真逆で温厚な性格をしています。かつてサスケに助けられたことに恩を感じているようで、その後もサスケには従順に従っています。

「俺は復讐者だ」などとお前らとは次元が違うところにいるんだぜ的な発言をして家出していたサスケですが、第四次忍界大戦でナルトたちの元に戻ったときはナルトのガマ吉、サクラのカツユとともに仲良く並んで新三竦みを成していました。

口寄せ強さランキング9位:烏

口寄せ最強ランキング9位は、イタチが口寄せする烏です。カラスと言ってもアイツが使う傀儡のオモチャではありません。

イタチはこの烏を使って幻術をかけ、相手を攪乱させることを得意としています。幻術を得意とするイタチとの相性は抜群ですが、それ以外にもイタチはこの烏の目に仕込まれたうちはシスイの別天神をナルトに託すような使い方もしました。

口寄せを使って戦闘の幅を広げるだけでなく、口寄せ自体に強力な幻術を仕込むとは流石イタチとしか言いようがありません。

サスケに幻術をかけようと意図していたものではありましたが、穢土転生で蘇ったイタチ自身にこの術がかけられ、結果として第四次忍界大戦の穢土転生を止める結果をもたらせました。

口寄せ強さランキング8位:カツユ

口寄せ最強ランキング8位は、綱手とサクラが口寄せするカツユです!大蛞蝓のカツユは誰であっても敬語を使い、綱手やシズネのことを「様」付けで呼び、サクラを「ちゃん」付けで呼ぶ契約者に従順な口寄せ動物です。

巨大な体を分散させて綱手やサクラの医療忍術で遠隔治療に使うことが多いため強くないのでは…?と思われがちですが、濃硫酸を吐き、相手を溶かすという恐ろしい術を使えるためこの順位にランクインしました。なんかあの大蛇丸さんを本当に殺せるっぽいですね。

口寄せ強さランキング7位:シマ

口寄せ最強ランキング7位は、自来也の口寄せするシマです!自来也から「姐さん」と呼ばれるシマは二大仙蝦蟇の一人で、フカサクの奥さんです。

口紅やフリフリのエプロンをつけ、いつも得意な料理を振る舞っています。しかしその料理は蛙が食べるもの…つまり虫がほとんどのため、あのナルトにもよく大ダメージを食らわせていました。

仙人モードの自来也の肩にフカサクとともに乗り、自然エネルギーの吸収や情報収集、火遁などを使用することができます。

姐さんと呼ばれるだけあり、肝の座り方も尋常じゃないです。

口寄せ強さランキング6位:猿猴王・猿魔

口寄せ最強ランキング6位は、三代目火影・ヒルゼンが口寄せする猿魔です!猿魔は木ノ葉の額当てを着けた老猿で、如意棒に変化した猿魔をヒルゼンが武器として使用し戦います。

一見イケイケな猿ですが、数々の戦場をともに駆け抜けてきたヒルゼンとの信頼関係は厚く、木ノ葉崩し編で大蛇丸に敗れた際には労いの言葉をかけ、その死を見届けて去っていきました。

口寄せ強さランキング5位:フカサク

口寄せ最強ランキング5位は、自来也の口寄せするフカサクです!二大仙蝦蟇の一人であるフカサクは妻のシマと同様に自来也が仙人モードになる際、一緒に自来也の肩に乗り戦います。

ペイン戦でペインの秘密に気づいた自来也のメッセージを自分の背中に書かせて、自来也の死後はナルトに修行をつけます。長門戦で一度は死亡しますが、弟弟子にあたるナルトと対話し、心変わりした長門の「外道・輪廻天生の術」によって生き返ります。

フカサクは自来也のことを「ちゃん付け」で呼びかわいがっていました。

もちろんナルトのことも可愛がっており、厳しいながらも優しく修行を付けてくれた偉大な仙蝦蟇です。

口寄せ強さランキング4位:五重羅生門

口寄せ最強ランキング4位は、初代火影・千手柱間が口寄せする五重羅生門です。

ただの羅生門や三重羅生門は左近・右近や大蛇丸が口寄せすることができますが、この五重羅生門は桁違いの防御力を見せてくれます。

というか尾獣化したナルトの尾獣玉を拡散したエネルギー波も三重羅生門である程度防げているのに五重って・・・。

並外れた木遁忍術の使い手で「忍の神」とまで言われていた柱間の口寄せするその五重羅生門は山々を軽く超えるほどの大きな門でした。

完成体須佐能乎を纏った九尾の尾獣玉に、須佐能乎の剣を突き刺した攻撃の軌道を変えるほどの防御力を誇ります。

口寄せ強さランキング3位:マンダ

口寄せ最強ランキング3位は、大蛇丸の口寄せするマンダです。

マンダは紫色の蟒蛇で気性が荒く、多くの生贄をもらうことを条件に大蛇丸と契約していますが、カブト曰く「大蛇丸様がケガをしていることを知ったらすぐに裏切る」そう。自来也やナルトと蝦蟇たちのような信頼関係ではなく、完全に利害関係が一致するために共闘しています。

ガマブン太やカツユとは旧知の中ですが、ガマブン太とは特に仲が悪く口寄せされると出会って3秒でケンカが始まっています。基本は大蛇丸に口寄せされますが、マンダの最期はサスケに口寄せされ、デイダラの自爆の盾にされるという悲惨なものでした。

口寄せ強さランキング2位:ガマブン太

口寄せ最強ランキング2位は、自来也やミナト、ナルトが口寄せするガマブン太です。待ってました我らがオヤビン!

パイプを加えて腹巻を巻いた巨大な大蝦蟇のガマブン太は、ドスの効いた広島弁を話すため任侠映画に出てきそうな悪役そのもの。

主従関係が逆転しているため、ナルトはガマブン太のことを「ガマオヤビン」と呼び、完全にナルトが子分になっているようです。

ガマ吉とガマ竜の父親で、ナルトが初めてガマブン太のことを口寄せしたときには盃を交わしていないからと戦闘を拒みましたが、ナルトがガマ吉を助けたことを聞いて手助けするなど、心優しい一面も持ち合わせています。

作中はピンチの時にオヤビンが出てくると本当に安心したものですね。

口寄せ強さランキング1位:外道魔像

口寄せ最強ランキング1位は、外道魔像です。外道魔像は十尾の抜け殻で、月に封印されていました。

長門が口寄せしたシーンが印象的ですが、強力すぎる力のため術者の生気すら吸い取る模様。口からは龍の形をしたエネルギーを吐いて敵を攻撃します。なお。この攻撃に触れたら最後一瞬で生命エネルギーを取られてしまいます。

戦場では敵味方関係なく無差別に攻撃を繰り返し、まさに破壊の口寄せと言っても過言ではありません。

第四次忍界大戦にも口寄せされ、忍連合を苦しめたため最強ランキング栄えある1位に選ばれました。

番外編:TOP10入りしなかったものの紹介したい懐かしいやつら

強さとは関係なしに印象深い口寄せを紹介します。

忍亀

こちらはガイ先生が初登場時に口寄せした亀。中忍試験の開始前にサスケと対戦していたリーを止めるために口寄せされました。リーとサスケを止めるために口寄せする必要があったのかと問われるとなんとも言えませんが・・。結論この忍亀によって後にキッズたちのヒーローになるガイ先生の登場がド派手になったので良しとしましょう。

以降ほとんど出番がなかったため読者からもすっかり忘れられていた忍亀ですが、鬼鮫追跡の際にガイ先生の足場として空中に一瞬だけ口寄せされたというめでたい形で再登場を果たします。

パックン

パックンはカカシが口寄せする忍犬です。パグのような見た目に渋い声のパックン。そこまでサイズは大きくないため戦闘向きではなく、優れた嗅覚を使って追跡を得意としています。ナルトのマスコットキャラ的なものもめています。

イブセ

雨隠れの里の里長だった半蔵が口寄せする大型の大山椒魚です。伝説の三忍と呼ばれる自来也、大蛇丸、綱手の3人と交戦する際や、第四次忍界大戦で穢土転生され忍連合軍と交戦する際に口寄せしていました。

毒霧を吹き体を痺れさせることができるため非常に強力な口寄せですが、吹いたあとは5分間のインターバルが必要なことをあっさりと見破られてしまうなど欠点も多いため今回はランキング圏外となりました。

強すぎたペインの口寄せ例:巨大な犬(ケルベロス・・?)

ペイン畜生道が口寄せする複数の頭を持った巨大な犬。長門が畜生道を介して口寄せしたこの巨大な犬に増幅口寄せの術がかけられているため、巨大な犬が攻撃された際には頭がどんどん増えていきます。

そして増えた数だけ個体として分裂してしまうためキリがなく、口寄せ単体でも強力な忍とタイマンで張り合える実力を持っています。

また、ペインの口寄せ動物には「口寄せ輪廻眼」によってコピーされた輪廻眼を移植されており、術者と視界の共有をすることが可能です。

他にもペインの口寄せにはカニやらムカデやらカメレオンやら様々な動物が存在しますが、全部強すぎるためランキングに入れなくて本当に良かった。

口寄せの術まとめ

口寄せの術はナルトを大いに盛り上げてくれた術の一つです。特に新たな三竦みが見られた時には皆さん興奮したのではないでしょうか?

皆さんの好きな口寄せはなんですか?コメントお待ちしております!