【ナルト】暁の創生秘話をこっそり教えます

オビトが暗躍し尾獣を集めていた組織、暁。元々は弥彦をリーダーとして出来た争いを無くすための組織でしたが、弥彦の死後はS級犯罪者の集まる違法サークルと化してしまいました。

コミックスでは登場した時点で既にメンバーが揃っていた暁ですが、実はNARUTOのアクションゲーム、ナルティメットストームレボリューションで創生の物語が描かれているのをご存知でしょうか?

今回は暁メンバーの加入順やエピソードなど、私たちのよく知る暁ができるまでの足取りを追っていきたいと思います。

暁メンバー勧誘の歩み

雨隠れの長である半蔵への復讐を遂げた長門と小南は、次は自分の計画を手伝うようオビトに言われ、ゼツと三人でメンバー集めを始めます。基本的にメンバーはオビトが目星を付け、長門と小南がスカウトに出向くスタイルです。

まず最初にメンバーになったのが角都。長門は要介護状態なので、ペイン六道の天道とゼツが声をかけに行きますが、「金儲けにしか興味ない」と断られます。天道は興味あるかないかは関係ないから連れて行くとゴリ押ししますが、これが角都の癇に障りバトルに突入。天道が勝利し、角都は暁に参加することに。天道の実力を知った角都も、「名のある賞金首に出会う機会が多そう」と承諾しました。

次にスカウトされたのがサソリです。小南が出向き、「抜け忍のあなたの身を守る場所と思え」と、天道よりはまともな交渉をしますが、サソリは自分の身は自分で守ると拒否。小南を傀儡の素材にしようとし、戦闘になります。結果、小南が勝利してサソリもメンバー入り。他の暁のメンバーに会い、これまでにない芸術性を感じられることを期待しての参加でした。

その後オビトがイタチをスカウト、そして同じ頃大蛇丸が暁を嗅ぎまわっているという情報をキャッチします。これを受け、天道とサソリが大蛇丸を始末しに向かいました。サソリが交戦して一度は勝利しますが、油断した隙に大蛇丸は天道の輪廻眼を奪おうと奇襲をかけます。ですがそれも阻止され、大蛇丸は自分を暁に加入させろと営業をかけ、天道がそれを採用。唯一の自薦加入となりました。

ちなみに大蛇丸はその後サソリとコンビを組んでいましたが、コミックスで暁が登場する前に組織を抜けています。次の器として狙っていたイタチにも返り討ちにされ、腕を切り落とされ、暁にはあまりいい思い出がなさそうです。

大蛇丸が加わった後はオビトが鬼鮫をスカウト、その後イタチとコンビを組ませます。そしてイタチと鬼鮫、サソリがデイダラのスカウトに向かいました。デイダラも始めは芸術作品を作り出すことにしか興味ないと加入を拒否。イタチが勝負を挑み、勝ったら暁に加入しろと言いました。結果はデイダラを幻術にかけたイタチの圧勝。デイダラは逆光の中爛々と光る写輪眼に芸術性を感じて見とれてしまい、色んな意味で悔しがりつつも負けたので暁参加となりました。

最後に加入したのが飛段。大蛇丸が、あるカルト宗教が不死身の人間を作る実験に成功した、という情報を得て、角都、ゼツと共に向かいます。説得する際、角都がジャシン教を変な宗教呼ばわりし飛段の機嫌を損ねます。暁メンバーは基本コミュニケーションが苦手なようです。

飛段は角都に倒された後も「殺戮だけできればいい」と加入を渋っていましたが、大蛇丸から「殺戮ばっかしてたらいずれ指名手配されて封印されちゃうけど、暁に入れば身を守りながら行動できるわ・・・(ねっとり)」と説得され、参加を決めました。

以上が暁にメンバーが集まるまでの道のりでした。加入順は、

角都

サソリ

イタチ

大蛇丸

鬼鮫

デイダラ

飛段

のようですね。角都や飛段などは自分にも利益があると見て、納得の上で加入していたということがわかりました。

デイダラは加入時は渋々といった感じでしたが、サソリとコンビを組んでからは「サソリの旦那」と呼び、ある程度尊敬している様子だったので、お互い芸術的な面で良い刺激を受けるようになったのではないかと思われます。

里や人柱力から見たらはた迷惑な組織ですが、メンバー同士は意外と仲が良く、凶悪犯罪者にとってはいいサークルのようです。

最後に、暁メンバーの戦闘スタイルをおさらいしていきましょう。

暁:長門の戦闘スタイル

本体が衰弱しているため、戦闘は主に死体に魂を入れた上で輪廻眼を共有し操る、ペイン六道で行います。特に初代暁リーダー、弥彦の死体で作った天道は特別製で、強い引力を発生させて物を引寄せる万象天引、あらゆるものを弾き飛ばす神羅天征、そして木ノ葉隠れの里を更地に変えた地爆天星など強力な術を使います。

暁:小南の戦闘スタイル

紙を操ったり、自分の体を紙に変えたりする独特の術を使って戦います。紙を翼の形にして空を飛ぶ、紙で包んで封印術にする、紙で分身を作り出すなど応用の効く術です。トビを葬る際に使用した「神の紙者の術」は、6,000億枚の起爆札をチャクラで水に偽装し、敵をおびき寄せたらひたすら起爆し続けるという術で、6,000億枚の起爆札の調達方法の謎や高すぎる作画コストなどから多くの読者に衝撃を与えました。

暁:角都の戦闘スタイル

体を切り離す、縫合する、心臓を取り込むなど多機能なひじきのような触手を体から出す禁術、地怨虞を使って戦います。暁でのコンビは飛段。心臓のストックがある限り死なず、心臓は潰れたら交換可能、さらに取り込んだ相手の性質変化を利用することもできます。ほぼ借り物で戦ってる感じですね。ちなみに角都の術の名前はすべてガンダムに登場するジオン公国のモビルスーツの名前から取られています。

暁:サソリの戦闘スタイル

人の体を加工して作った「人傀儡」を操って戦います。普段使い用のヒルコ、一番お気に入りの三代目風影、そしてここぞという時の勝負傀儡として自分を使うスタイル。人傀儡は生前覚えた術をそのまま使うことができるので、風影の砂鉄を使った術で戦ったり、傀儡に仕込んだ毒物で相手を弱らせたりする戦い方を得意としています。始めは大蛇丸、その後デイダラとペアを組んでいました。ちなみに傀儡なので歳を取らず、こう見えて35歳。

暁:イタチの戦闘スタイル

万華鏡写輪眼による瞳術の他、うちは一族のお家芸である火遁も得意としています。特に体感を伴う強烈な幻術にかける月読、消えない炎を放つ天照、攻防一体の須佐能乎は読者に強烈なインパクトを残しました。また、自分の死後のことすら予測してうちはシスイの万華鏡写輪眼を残すなど、冷静で分析力に優れており、冴えた頭脳を生かしたスマートな戦闘スタイルも魅力です。暁でのコンビは鬼鮫でした。

暁:大蛇丸の戦闘スタイル

できることが多すぎて得意な戦闘スタイルがよくわからない忍No.1。「忍者とは忍術を扱う者」というポリシーを持っているので、あらゆる術の研究開発、会得に余念がなく術のバーゲンセール状態。蛇の口寄せや封印術、蛇のような体を生かした奇襲などを使う場面が多いです。また、他人の体を乗っ取る不屍転生という術のお陰でほぼ不老不死。後に暁を抜けていますが、在籍していた時はサソリとコンビを組んでいました。

暁:鬼鮫の戦闘スタイル

チャクラを吸い取る愛刀の鮫肌と、強力な水遁を使った攻撃スタイルを得意としています。特に、術者を中心に巨大な水ドームを作り出す水遁・鮫踊りの術と鮫肌と融合して魚人状態になった鬼鮫のコンボは強烈で、大抵の相手の場合水中から出られず窒息するか、チャクラを吸われて戦闘不能となってしまいます。作中最強の水遁使いと言っても過言ではありません。暁ではイタチとコンビを組み、イタチに言った「お体に触りますよ」というセリフで大量のクソコラを作られたことでも知られています。

暁:デイダラの戦闘スタイル

チャクラを練り込んだ起爆粘土で鳥や蜘蛛など様々な形を作り、それを起爆させることで攻撃します。練り込んだチャクラの量によって爆発の規模を調整でき、花火程度から町を消し飛ばすような威力があるものまで幅があります。自分自身を爆発させるCOを使った際は周囲一帯が消し飛び、サスケが口寄せした大蛇のマンダが死亡するほどの威力でした。芸術家同士サソリとコンビを組んでいましたが、デイダラが「爆発させて初めて芸術」と考えるのに対し、サソリは「長く残る永久の美」を芸術としていたので、感性は合わなそうです。

暁:飛段の戦闘スタイル

ジャシン教という新興宗教の人体実験の結果、不死身の肉体を手に入れていて、それを生かした戦闘スタイルを得意としています。相手の血を取り込むことで、自分の負った傷を相手にそのまま負わせることができる「呪術・死司憑血」という術を使っており、これによってアスマを殺害しました。不死身の飛段が使わないとあまり意味のない術ですね。コンビは角都と組んでおり、鬼鮫からは「不死身コンビ」と呼ばれています。他に大蛇丸とサソリも実質不老不死みたいなもんなので、暁メンバーはさらっと不死身が多すぎます。

暁:ゼツの戦闘スタイル

高速移動、感知、分裂、分身、なり替わり、録画、死体処理と何でもこなすトゲトゲアロエヤロー。結局ゼツといえばこれという代名詞になるような能力はなく、究極のマザコンの分際で忍界を最後まで引っ搔き回しました。

以上、暁メンバーの戦闘スタイルをさらっとおさらいしました。実は枇杷十蔵という元メンバーもいますが、別の動画にまとめているのでぜひチェックしてみて下さいね。

皆さんは暁のメンバーで誰が好きですか?コメントお待ちしています!