【ナルト】うちは一族についてまとめてみたってばよ

NARUTOのもう1人の主人公・うちは一族唯一の生き残りであるうちはサスケ。物語の序盤で中二病を患い里抜けしてからまさかの最後まで戻ることはなかったという異例の家出をしていました。

そんなサスケの所属するうちは一族は心に傷を負うことで写輪眼を発症します。

あまりにも辛い開眼条件から一部界隈ではメンヘラ一族とも言われる彼ら一族のメンバーを改めてみていきましょう。

うちはタジマ

うちはタジマは後にうちは一族の代表格となるマダラとイズナの父で、この当時のうちは一族の長でした。千手一族が里を治めていることを不満に思っており、マダラが柱間と親しくしていることがわかるや否や即座に戦闘に赴いた生粋の戦闘狂です。

うちはマダラ

うちはマダラはうちはタジマの長男で、長い年月にわたり忍の世界をぐちゃぐちゃにしたお茶目な性格をしています。

元々は弟想いのめちゃめちゃ良いヤツでしたが、千手との終わりの見えない戦いで弟3人を失い悲しみに打ちひしがれます。
追い打ちで唯一の生き残りの弟であったイズナをアイツに殺されたことにより、完全に闇堕ちモードに突入。

一度は千手と手を組み木ノ葉隠れの礎を築きますが、やはり負った心の傷が癒えることなくやがて抜け忍となります。

マダラはイズナから生前に託された写輪眼を自身に移植して「永遠の万華鏡写輪眼」を手に入れています。木ノ葉隠れの里に復讐に来た際にはその強力な瞳力と、瞳力により手懐けた九尾の力で侵略しますが、初代火影千手柱間に阻まれ終末の谷にて死亡したとされていました。

しかし、世界中の人間を裏切り執念深いマダラはなんとか生きながらえていました。
「月の眼計画」を実行するために陰で暗躍を続け、ついに第四次忍界大戦が勃発します。

しかし結局は大筒木カグヤが復活するための駒でしかなく、カグヤの触媒にされてしまいました。

穢土転生された柱間と再会できた時には満面の笑みで微笑んだり、分身じゃつまらんと柱間の本体を求めたりと意外と可愛い一面もあったマダラでした。

うちはイズナ

うちはイズナは、マダラの弟です。激しい千手一族との争いの中でもなんとかマダラと生き残った唯一の弟でした。

やがて大人になりマダラと共に一族の代表格になったイズナはマダラとともに写輪眼、万華鏡写輪眼を開眼させており、その戦いにおいて多大な戦果を収めました。

しかし戦争中、後の二代目火影である千手扉間の卑劣切りにより死亡しています。

イズナの死後、イズナに致命傷を与えた張本人である扉間はマダラとの会話で「イズナはどうした?」という質問をしていました。かなりの実力者でありながらまさかの死体撃ちをされる始末。

もう少し活躍が見てみたかった気もしますね。

うちはカガミ

うちはカガミはうちは一族にしては珍しく、うちはを越えて里のためを思う人物です。二代目火影千手扉間の教え子で、後の三代目火影となる猿飛ヒルゼン、志村ダンゾウと共に扉間小隊に所属して活躍していました。うちはにも関わらず千手扉間に信頼されていた貴重な男です。

うちはオビト

うちはオビトは、カカシとリンとスリーマンセルを組み、四代目火影でナルトの父でもある波風ミナトの班員として活躍していました。

しかしカカシが上忍に昇格してすぐにカカシを庇い瀕死の重傷を負います。死を覚悟したオビトは、上忍昇格祝いにと自身の左目の写輪眼をカカシに移植したのち、岩石に潰され殉職したかと思われていました。

そのためカカシは自分のせいでオビトが死んだとずっと後悔し続けており、遅刻の常習犯となりました。

しかし、この時密かに生きながらえていたマダラに密かに助けられ、密かにオビトは一命を取り留めていたのです。

マダラから「月の眼計画」に乗るよう言われたオビトは当初これを拒否し、カカシ達の元へと戻ろうします。しかし、後日そんなオビトが目にしたのはちょうど尾獣を封印されたリンがカカシの雷切に自ら飛び出し自害していたシーンでした。

これにショックを受けたオビトは、リンがいる世界を作ろうとマダラの「月の眼計画」に参戦することとなりました。さすが愛深き一族ですね。
秘密裏に動いていたオビトは弥彦たちを唆し「暁」を結成させたり、ミナトの子供がじきに生まれることを聞けば出産時に弱まる封印を利用しに九尾を引き抜きに行ったりとやりたい放題。

第四次忍界大戦というパーティの主催者になったオビトでしたが最終的にはマダラに見限られ、十尾の人柱力となります。

絶体絶命のピンチに陥るナルトたち忍連合軍ですが、結果的には意志の強さでオビトに勝利。オビトは十尾のチャクラを抜かれたことにより敗北することになります。

その後はナルトの精神攻撃で正気に戻ったオビトはカカシたちと共闘し、様々な功績を残し死亡。

カカシの精神世界に入り、自身の万華鏡写輪眼の力を一時的に授け、今までの行いに深い反省を示します。最期にカカシに「最後は敵ではなく友として別れることが出来る、俺にとってはそれだけでいい」と告げられ、消滅していきます。

うちはシスイ

うちはシスイはイタチと同じくうちは一族にしては珍しい、闇堕ちせず里のために尽くそうとしていた人物です。

あのイタチもシスイのことは兄のように慕っていました。クーデターを計画していたうちは一族の陰謀を「別天神」で止めようとしているところに目ん玉おじさん登場。

おじさんにより片目を奪われたため、もう片方の眼をイタチに託し平和な忍の世界を望んでこの世を去ることになりました。

うちはフガク

うちはフガクはイタチとサスケの父で、木ノ葉警務部隊隊長を務めるほどの実力の持ち主でした。

うちは一族が警務部隊を務めることになった経緯や、うちは一族が里の下で虐げられているといったことがきっかけでクーデターを起こそうと目論んでいましたが、二重スパイとなっていたイタチによって里の上層部には彼の陰謀は筒抜けだった模様。

クーデターを起こされないよう、里の上層部から指令を受けたイタチにより殺害されました。

しかしフガク自身もイタチが里側のスパイだということは予見していたようで、イタチに「考え方は違ってもお前を誇りに思う・・お前は本当に優しい子だ」「サスケの事は頼んだぞ」とイタチの選択を受け入れサスケの身を案じています。

流石イタチの父親ですね。

うちはミコト

うちはミコトはフガクの妻で、イタチとサスケの母です。ナルトの母・クシナとも面識があります。ミコトもフガク同様、イタチの手により殺害されていますが、殺される前に死を受け入れサスケのことを託し死亡しました。

うちはイタチ

恐らく漫画界1カッコイイお兄ちゃん。うちはイタチはサスケの兄で、7歳で忍者アカデミーを主席で卒業、8歳で写輪眼開眼、10歳で中忍に昇格後、暗部入りというスーパーエリート街道を突っ走っているイケメンです。

大蛇丸すら「彼は私より強い」と語るほどの強さも兼ねそろえていますが、うちは一族と里の二重スパイとして暗躍し苦悩も絶えなかったようです。

うちは一族抹殺事件の前はダンゾウにより「一族に与して全滅するか、里に与してサスケだけは生かすか」と追い込みをかけられますが、里より重たい弟の命は奪えずうちは一族の人間を皆殺しにします。

頭もキレるイタチはサスケのために二重三重にも罠を張り、強くなるよう、真実を知らないように動きますが、トビの暗躍により真実はサスケのもとへと告げられる結末となりました。

第四次忍界大戦時、カブトの穢土転生によって蘇ったイタチは、サスケと共闘したのちに全ての真実と「お前がこれからどうなろうと、俺はお前をずっと愛している」と本心を語り、昇天しました。

うちはイズミ

うちはイズミはイタチの同期で幼馴染の女性です。「小説 イタチ秘伝」に登場したうちはイズミはイタチの恋人のようなポジションで描かれ、うちは一族を殲滅する際に情を断ち切るという意味で最初に殺されました。

小説版ではイタチと結婚して幸せに過ごし生涯を閉じるという幻術での殺害方法を用いられたため、読者もイズミに対してはとても思い入れがあるのではないでしょうか。

幻術だけではなくイタチとイズミには本当に幸せな人生を歩んでほしかったですね。

うちはサスケ

言わずと知れたうちは1の問題児。イタチの弟で、NARUTOの第二の主人公とも言われております。

アカデミー卒業後はナルト、サクラとスリーマンセルを組みますが大蛇丸にナンパされたことをきっかけに家出をします。

木ノ葉の仲間たちが追いかけ、死に物狂いで止めてくれたナルトの言葉にも耳を傾けずにそのまま闇堕ちしていきました。

その後は大蛇丸が弱っている隙をつき反旗を翻し、大蛇丸の手下だった水月、香燐、重吾と共にフォーマンセルを組みイタチを探すため暁へと近づきます。

散々気を使って戦いの場を後ろ倒しにしてくれた病気に侵されているイタチに辛勝したのちイタチの真実を聞かされることになります。

その後里のため、忍のため、世の平和のために生かしてくれた兄の気持ちを台無しにするように木ノ葉への復讐を誓ったサスケは暁に加入しビーへの闇討ち、五影会談乱入など罪に罪を重ねていきます。

その後第四次忍界大戦にて穢土転生されたイタチと共闘し消えゆくイタチから真相を聞いたサスケは、「イタチがそうまでして里を守りたかった理由を知りたい」と見切り発車で大蛇丸を蘇らせ、穢土転生してもらった歴代火影に話を聞きます。

自分の中で答えを見つけたサスケは戦場に赴き、同期達の前でいきなり「火影になる」という渾身のボケを披露。

久々に会った同期たちもこれにはツッコミを入れる元気が無く、呆れていました。

カグヤとの戦闘後は火影をはじめとする穢土転生された猛者たちが消えてから何故か革命宣言を行い、ナルトと戦うことに。

この戦いでは里の英雄にまでなったナルトの片腕を吹っ飛ばします。

最後にはナルトの思いをようやく受け止め、負けを認めて和解。戦後から1年後には贖罪の旅に出かけ、それについていったサクラとの間に娘が生まれています。

うちはサクラ

サスケ、ナルトとスリーマンセルを組み、最後までサスケを待ち続けたサクラが終戦後にサスケと結婚し、春野サクラからうちはサクラになりました。

罪人になっても殺されかけてもサスケを好きでい続けたサクラの愛が重かったのは十分わかるのですが、夫と娘が11年もの間なかなか会えない状況は何故か黙認。

綱手を師に持つことから、終戦後は里きっての医療忍者として忙しく働いています。

うちはサラダ

うちはサラダはサスケとサクラの間に生まれた女の子で、サスケに似た容姿とサクラの怪力、勤勉さを受け継いでいます。生まれてから11年もの間、父親であるサスケに会ったことがなく母子家庭同然で育ったのにも関わらずサクラが実の母親じゃない疑惑から無意識のうちに写輪眼を開眼。結果的にサクラは実の母親だったので儲けもんですね。

メンヘラの血をしっかり受け継いでいるため闇落ち仕掛けましたが、サスケと会うことができたため安定しました。シンとの戦闘以降、ナルトに憧れ火影を目指すことになります。マダラの世代から悲願だったうちは一族が火影になれるのか、期待が集まりますね。

結局写輪眼が強すぎるうちは一族まとめ

今回はNARUTO、BORUTO、アニオリに登場した主なうちは一族のメンバーを紹介しました。

やんちゃな奴もいれば良いヤツもいるっていうのはどこの一族にも当てはまりますが、うちはについてはあまりにも極端すぎました。

みなさんはうちはで誰が一番好きですか?コメントお待ちしております!