『ナルト』金銀兄弟について

今回は「NARUTO」に登場するDQN兄弟の金角と銀角について見ていきたいと思います。

金銀兄弟の人物紹介

雲隠れの里の忍びで兄弟である金角と銀角。頬にはナルトと同じ狐の髭のような三本線が入っています。

二代目火影である卑劣扉間を更なる卑劣な手で倒した猛者です。雲に二つの光ありとまで言われていたほどの実力者で、六道仙人の末裔と言われています。

戦闘時には六道仙人が使用していたと言われている幌金縄、七星剣、紅葫蘆、芭蕉扇という四つの武器を使用します。さらに擬似人柱力であるという強力な能力を持つ兄弟です。名前や武器名の由来は「西遊記」からきていると言われています。

兄弟仲は非常に良く単体でも強力ですが、基本的にブラコンっぽいので兄弟で手を組み相手をボコる戦闘スタイルを見せていました。

金銀兄弟の生前

木の葉隠れの里と雲隠れの里が同盟を組む儀礼式でクーデターを起こし、二代目火影卑劣扉間と二代目雷影を騙して殺害し罪人になります。

また、うちはマダラが九尾をペットにする前に金銀兄弟は九尾をゲットしようとしていましたが、失敗し飲み込まれてしまいます。その際九尾の体内でチャクラ肉を二週間食べ続け生き延びることに成功し、腹の中で暴れまくって脱出した結果九尾のチャクラを持つようになったと言われています。

これに耐えられたのは彼らの特異体質が関係しており、他の忍であれば死んでいると言われています。

そして雲隠れの里が必死に集めて大事にしていた六道仙人の四つの宝具を普通の忍なら使用するとチャクラが足りずに死んでしまうところ、金銀兄弟は何の問題もなく使うことができるようになりました。

金銀兄弟が使用する武器

幌金縄、七星剣、紅葫蘆という三つの武器は同時に使用することで効果を発揮させることができます。

「幌金縄」
触れたものの言霊を引っ張り出すことができる腕に巻き付いた縄のようなもので、金角が使用します。

「七星剣」
出てきた言霊をちょん切ることが出来るいかつい剣です。銀角が使用します。

「紅葫蘆」
ちょん切った言霊で吸収することができる瓢箪のようなものです。銀角が使用します。

「芭蕉扇」
仰ぐことで炎を巻き起こすことができる扇です。金角が使用します。

幌金縄は触れたものが一番多く使う言葉をN Gワードとして七星剣に表示させ、そのNGワードを言った人は吸収されてしまいます。ナルトの場合「だってばよ」と言った瞬間にジ・エンドです。

かといってずっと黙っていることもできず一定時間無言で過ごすと効果が発動し吸収されてしまいます。

第四次忍界対戦時の金銀兄弟

薬師カブトの穢土転生により復活し戦争中盤に登場します。アツイとサムイを一瞬にして封印しますが戦闘中、吸収寸前のダルイのN Gワードが変わったことにより封印に失敗し、宝具を奪われ逆に紅葫蘆により弟銀角は封印されてしまいます。

それにブチギレた兄の金角は九尾化し、暴れまくりますが第十班の策にはめられて「琥珀の浄瓶」に封印されてしまいます。

その後、九尾のチャクラを回収しようとしていたオビトによって宝具ごと回収され、外道魔像の口の中に投げ捨てられ廃棄されてしまいました。

まとめ

登場シーンでは六道仙人の末裔でその武器を使うことができ九尾の擬似人柱力という圧倒的な強キャラ感を醸し出していましたが、それ以外に特に長所はなく他の術などは一切使用しないため、意外にあっけなく倒されてしまいます。強さのランクで言うと二人でも影以下と言える程度の強さでしょう。

コメントを残す